活動報告, 講演会

9月2日(日)教養講座開講 演題「組織作りとその継続」


※ 掲載写真の撮影・提供は(株)東海教育研究所様より。
 


 講師

東海大学付属相模高等学校教諭
同校 ラグビー部総監督
土井 崇司 様

 

 

会場:ホテルラポール千寿閣
開催:2018年9月2日(日)
時間:13:30~14:30

 

9月2日(日)千寿閣にて13時より同窓会神奈川ブロック相模支部主催で相模原・座間・海老名地域の同窓生及び東京・神奈川ブロック11支部の役員のご参加を頂き、相模支部の活動の一つである地域貢献活動により教養講座を開講致しました。
 
今年は東海大学付属相模高等学校教諭で学園ラグビーコーディネーターとして活躍されている土井崇司氏により講演会「組織作りとその継続」をテーマとしたお話をして頂きました。
開場には同窓生をはじめ相模高校後援会、ラグビー部保護者会のご父兄とOB会会員も参加頂き設営した160人の会場席がほぼ、満席となるご参加を頂きました。
 
講演内容は大阪の付属仰星高校ラグビー部を日本一にした指導力の裏には日々土井先生がチームのブランド力を高め、それに見合う行動力を選手に如何に身に付けたか、その努力から目標が達成出来たか、当時の思いを語って頂きました。
また学園ラグビーコーディネーターとして付属高校ラグビー部を強化されて行く方針も示されました。
 
聴講者からはラグビーだけでは無く一般社会、企業でも今回のご講演頂いた事柄を引用出来るものでありとても参考になりましたと賛辞のお話を講演会のあとの懇親会や翌日のSNS等から大きな反響の投稿が寄せられました。
 
皆様ご来場有難う御座いました。
同窓会神奈川ブロック相模支部支部長 小野健生

2018-09-14 | Posted in 活動報告, 講演会

関連記事